冬に植物を育てるコツなどのおすすめ情報を伝授

植物の冬の管理

夫婦

温度管理

暖かい時期であれば、ほとんどの植物は、成長に向けて動き出します。しかし、冬になると動きがにぶくなり、休眠状態になる植物がいます。そういった植物をしっかり管理するためには、冬の間は室内で管理することをおすすめします。そうすることで、冬の寒さをしのぐことができるのです。

水やり

夏場であれば、土の乾くスピードが早いため土が乾いたら水をあげないといけません。しかし、気温が低くなるにつれて土の乾燥スピードが遅くなります。また根っこの活動も鈍くなるので、水をすくう速さも遅くなっていきます。そのため、冬になるにつれて水やりを少なめにする必要があるのです。もし、夏場と同じように水をあげすぎてしまうと根腐れしてしまい、枯れる可能性があるので気をつけましょう。

日光

冬の植物を育てるためには、日を当てることがとても重要です。室内で育てる際には、日が出ているときには日の当たる窓際に移動させて、しっかり日光を浴びせましょう。植物に関して、日に当たらないと成長することができません。そのため、植物をしっかり育てるためにも日当たりのいい窓辺で育てましょう。

風通し

室内で植物を育てる際に、風通しが悪いと害虫がついたり、カビが発生してしまったりと病気になりやすいです。寒いい時期は、空気も冷たいため窓を開けて空気を入れ替えるのが寒くてつらいですが、少しの時間でも風に当ててあげることで、病気にならずに成長してくれます。

水耕栽培

冬の時期は水耕栽培がおすすめされています。水耕栽培のメリットは、土を使わない点はもちろんですが、清潔で水やりを頻繁に行わなくていいのです。水やりを少なくする冬場だからこそ、植物の育成にはぴったりなのです。また、水耕栽培の場合では、水やりを頻繁に行う必要がないため、家を空けても安心なのです。基本的には、1週間に1回で十分と言われています。

<PR>
冬の植物をリサーチ。
いまどきのお庭にしよう。育て方まとめて紹介中!

冬場に育てる植物について

畑

冬の対策方法

冬の寒さによって植物は枯れてしまう場合がありますが、しっかりと冬の対策を行うことで、冬を越すことができます。冬の対策についてまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

READ MORE
花

冬におすすめされる植物について

冬の寒さにしっかり耐えて花を咲かすことができる花は数多くあります。こちらのページでは、初心者の方でも育てやすい花を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

READ MORE
広告募集中